• ss0525

鏡開き


本日1月11日は「鏡開き」ですね。

鏡開きとはお正月に飾った鏡餅をいただく(食べる)行事です。

お酒の鏡開き(清酒の入った樽を割る)もありますが、本日は鏡餅の方の鏡開きです!!

鏡開きは江戸時代の初期頃より広まっていったそうです。

鏡餅自体は平安時代にもう存在し、源氏物語にも登場したそうで、驚きです!!

お正月に飾られるようになったったのは室町時代以降だそうです。

年神様(毎年お正月に各家にやってくる豊作や幸せをもたらす神様)は門松を目印にそれぞれのお家を訪れ、鏡餅に宿ると言われています。

松の内(お正月、門松を飾っておく期間)は鏡餅を備えます。

松の内を過ぎたら、鏡餅をお雑煮やお汁粉等にして無病息災を願って食べるのが鏡開きです。

その際、鏡餅を包丁など刃物で切るのは、切腹を連想させるので縁起が悪いと言われ、木槌などで割ることになったのですが、「割る」と言う表現も縁起が悪いため、縁起の良い末広がりを意味する「開く」と言う表現にして「鏡開き」と言われるようになったそうです。

鏡開きは飾っていた鏡餅を食べることに意味があるとのことなので・・・

本日は、鏡餅をお汁粉にしました。

お客様とみんなで、無病息災を願っていただきました!!


24回の閲覧
  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page

© Copyright © 2016 ローソク温泉 All Rights Reserved.